遺品整理ステーション 明確で細かい料金設定がしてあるか、見積もりをきちんとしてもらって、遺品整理業者を選ぶようにしましょう。

産廃物収集運搬許可を持っているか

産廃物収集運搬許可とは、都道府県知事により認可されるもので、(財)日本産業廃棄物処理振興センターが講習会を実施し、それを受講する必要があります。

この許可があれば、産業廃棄物を収集し、中間処理施設、または最終処分場へ運搬する仕事が出来ます。

それでこれは遺品整理業者が、遺族の依頼に応じ、遺品を処分するために必要な資格となってくるでしょう。

この資格があれば、信頼できる遺品整理業者と言えます。

逆に、無料で不用品を回収すると宣伝している業者には注意しなければなりません。

たまに、トラックで、無料で家電、パソコン、テレビを回収すると宣伝を聞いたりしますが、気を付けないとトラブルに巻き込まれることがあります。

例えば、無料でテレビを回収すると言ったので呼び止めて依頼したところ、威圧的に「回収は2000円かかる」と脅されたとか、見積もりしてもらったところ10万円くらいと言われたのに、最終的には23万円になるとか、パソコンと自転車を回収してもらって1500円払ったのに後日近くでその回収品が不法投棄されていたなどといった事が実際に起きているようです。

それで遺品整理であれ、不用品回収であれ、それらの業者を利用する場合は、正規の許可を持っているかどうかを確認しましょう。

また一緒に確認したい点として見積もりの時に、追加料金は発生するか、発生する費用には、運搬費、人件費、リサイクル料すべてがふくまれているか、そして責任者印がついているかどうかもきちんと確認しましょう。

関連ページ・・》[環境省_産業廃棄物収集運搬車への表示・書面備え付け義務]

Comments are closed.

Post Navigation