遺品整理ステーション 明確で細かい料金設定がしてあるか、見積もりをきちんとしてもらって、遺品整理業者を選ぶようにしましょう。

遺品整理の流れ

遺品整理の簡単な流れをご紹介します。

もし値段を少しでも抑えたい場合は、事前に簡単に遺品を仕分けておくことが出来ます。

形見として取っておきたいものなどもあるかもしれません。

また不要なものでも、家具類、衣類、日用品、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミといった具合に簡単に分けておくと、見積もりの時に値段を安くしてもらえるかもしれません。

大体の仕分けが終わったら、見積もりを依頼しましょう。

現地に来てもらって見積もりするか、また写真をメールで転送して見積もってもらうか、もし量が少ないのであれば電話で伝えて見積もりしてもらうこともできます。

見積もり金額に納得したら、次に作業の日を決めて遺品整理をしてもらいます。

作業の間は、依頼者はいてもいなくてもどちらでも構わないでしょう。

開始の時と終了の時、もしくは終了の時だけ見に行くということも出来ます。

作業が終了したら、かかった費用を支払い、完了となります。

以上が簡単な流れとなります。

遺品整理は、残された家族にとっては複雑な気持ちでしょう。

それで良心的な業者にお願いできれば、少しでもその複雑な気持ちをやわらげてもらえるかもしれません。

例えば、片づけの途中で思い出の手紙や写真、似顔絵が出てくるかもしれません。

良心的な業者であれば勝手に処分せずに、一度依頼者に確認してから処理することでしょう。

また見積もりの時点で、故人との思い出話や想いを伝えておくなら、整理の時にその想いを反映してくれるかもしれません。

Comments are closed.

Post Navigation